recomended books

お勧めの本

行動分析学びたいんだけど

お勧めの本ってない?

(めっちゃ簡単な本がいい!!)

と、よく尋ねられます。

 

沢山あります。そして、読み難く重要な本はめちゃたくさんあります!そして、重要な論文も!!英論文も!!!


中野先生の訳された応用行動分析学のホワイトアルバムが、一通り応用行動分析学の概観が揃っている本ですが、一人で読み、実践に繋げるというのも現場の先生には少々(相当)厳しい話(しかし、独力で読了しましたー!というスペシャルな先生も中にはいらっしゃいます。)


難しくてもいい!という奇特な方には写真の右から2冊目はの英語の本とかなんか、もう、そんなスーパー読書好きの人でも挫折の二文字とすぐに仲良しになれちゃうような本もあります。

 

いやいや、さっきから言っているように難しい本は無理なんだよと、おっしゃる先生方、そして、あくまで、小学校の特別支援学級にお若い先生がお勤めになられて、ホンマに右も左もわからへんねん。という場合の管理人のお勧めです。


しっかりと学びたい方は、ABAの専門家の方のHPにズラリとリストが書かれていますので、どなたかのスーパーバイズのもと、片っ端から読みつつ、臨床しつつ、大学院行きつつがベターと思います。(残念なことに有名な図書、名著で必読書と言われるとものは絶版の嵐です。ネットの古書店を漁りましょう。)


その1

発達障害のある子の「行動問題」解決ケーススタディ―やさしく学べる応用行動分析(小笠原 恵 著、中央法規)

 

チョーわかりやすい!小笠原先生のホームページ充実してます!!尊敬!

その2

自閉症へのABA入門―親と教師のためのガイド(シーラ リッチマン 著、東京書籍)

 

     意外と読んでない人が多いんですよね。スーパーおすすめ。

その3

はじめての応用行動分析(ポール・A. アルバート、アン・C. トルートマン 著、二瓶社)

 

ご存知、イエローブック!記録をとったり、対人援助するなら参考になります。



研究会のメンバーの先生方で、「行動分析学入門」産業図書を(しっかりと=10回以上)読まれた方に読んでほしいのは次の3つの図書です。


応用行動分析学 明石書店

自閉症児の教育マニュアル 決定版・ロヴァス法による行動分析治療 ダイヤモンド社

行動分析家の倫理 二瓶社


読み応えがちょっぴりありますが、ぜひ、この3冊は時間のある時に、そして、頭の柔らかい若いころに読んでほしいと管理人は願っています。三十過ぎると、本を読むのが体力的にしんどいんよ。(経験談)


図書をご紹介しました。

もちろん学びやすい図書はあります。しかし、最も大切なことは別のところにあるかもしれません。それが、我々が会を作って一緒に学んでいる理由かもしれません。

 

こんな格言があります。

 

We shouldn't teach great books;
we should teach a love of reading.
- B. F. Skinner