recomended books

お勧めの本

行動分析学びたいんだけど

お勧めの本ってない?

と、よく尋ねられます。


本ホームページの写真の本を右から順番に片っ端から読んだらええんや!というのも現場の先生には酷な話(そう言われて本当に粗方読んじゃった凄い先生もいるにはいます。)


読むのがハードなのはいきなりは無理ーという先生方、そして、


あくまで、小学校の特別支援学級にお若い先生がお勤めになられて右も左もわからないという場合の私のお勧めです。

しっかりと学びたい方は、ABAの専門家の方のHPにズラリと読んどけよーというリストが書かれています。(残念なことに有名な図書、名著で必読書と言われるとものは絶版の嵐です。古書をネットで漁りましょう。)


その1

発達障害のある子の「行動問題」解決ケーススタディ―やさしく学べる応用行動分析(小笠原 恵 著、中央法規)

 

その2

自閉症へのABA入門―親と教師のためのガイド(シーラ リッチマン 著、東京書籍)

 

 

その3

はじめての応用行動分析(ポール・A. アルバート、アン・C. トルートマン 著、二瓶社)

 


図書をご紹介しました。

もちろん学びやすい図書はあります。しかし、最も大切なことは別のところにあるかもしれません。それが、我々が会を作って一緒に学んでいる理由かもしれません。

     ほらスキナーもこう言っています。


We shouldn't teach great books;
we should teach a love of reading.
- B. F. Skinner